初めての運動会

私の2歳と4歳の子ども達は、今年の4月に年中で保育園に入園しました。

上の子は本当は年少の年から入園した方が良かったのかもしれませんが、下の子と一緒に入園させて仕事に出たいという親のわがままな考えで年中からの入園になってしまいました。

だから、今年の秋に行われた保育園の運動会が子ども達にとって初めての運動会になりました。

一応色別に分かれての対抗戦となっていましたが、競い合うという印象はなく参加して一生懸命やることに意味があるという感じでした。

これまでの子どもとの生活の中で自分の子どもが早く走れるのかや運動能力が高いのかなどを考えて生活をした事がなかったので、誰かと一生懸命走る姿を初めて見る事が出来ました。

徒競走の他にもお遊戯などもあり、みんなと一緒にみんなと同じ行動をしている子どもたちを見て、こんな事ができるようになるんだとびっくりしました。

親子競技もあり、下の子と一緒に参加しましたが、参加した後にまた親と離されてしまうため、泣いている子どもいてそよ泣いている子どもを見て下の子も一緒に泣いてしまいました。

先生には大丈夫ですよと言われ下の子どもは連れていかれましたが、保育園の先生は大変な仕事だと改めて実感しました。

一応、玉入れや綱引き、リレーなどもあり結果的にどちらかの組みが勝ちましたと放送でお知らせしていました。

終わった後には子どもたち全員にがんばりましたのメダルとおやつが配られ、子どもたち全員がそのメダルを首からかけて誇らしげにしていました。

保育園に入園して良い経験をさせてもらっているなと実感しました。

新郎の靴通販サイト